0コメント

【遊戯王】RR‐ワイルド・ヴァルチャー【ピックアップカード】


ピックアップカード



IMG_20200910_144214.jpg
挨拶


本当にお久しぶりです、カイ(仮です。
私事が終わり、燃え尽き症候群がようやく終わったので
改めてブログ投稿を再開したいと思います。
今回のピックアップカード


今回の企画は1枚のカードに焦点を当てる
【ピックアップカード】になります。
ちなみにですがこの企画、前回投稿から1年半が経っております(これはひどい)

今回、注目する1枚はタイトルにもあるように
IMG_20200910_144214.jpg
【RR‐ワイルド・ヴァルチャー】になります。

RR‐ワイルド・ヴァルチャー
効果モンスター
星6/闇属性/鳥獣族/攻1600/守2000
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した
ターンの自分メインフェイズにこのカードを
リリースして発動できる。
レベルの合計が6になるように、
自分の手札・墓地から「RR」モンスター2体
選んで特殊召喚する。

ワイルド・ヴァルチャーの所見


このカードの効果を発動するためには
レベル合計が6になるようにRRを墓地に
送る必要があります。

しかし、RRは星4が中心で星2のRRがいない。
純構築のなかにいれるには難しい面がありました。

ですが、8月8日発売のPHANTOM RAGEにて登場した

【RR‐ヒール・イーグル】は超有能でした。
IMG_20200910_163219.jpg
・自分からssできる効果

・自身を除外し、墓地のRR魔法を加える。

墓地に送りやすい新規が来たことでワイルド・ヴァルチャーを活かしやすくなりました。
このカードの特殊召喚方法について

このカードを場に出す方法について考えてみましょう。

・星6なのでレスキューフェレットでリンク先にデッキから

・攻撃力1600を活かしてブラック・ガーデンで蘇生

鎖龍蛇‐スカルデットの素材3体以上の効果を使って手札から

継ぐものRR‐コールなど

他にもあるとは思いますが思いついたのがこのくらいでした。

ワイルド・ヴァルチャーを使うデッキ



などということを踏まえてデッキを組んでみました。
相変わらず枚数が多いのはご愛敬ということで←
サンプルレシピ


1599723041232.jpg
デッキコンセプト


今回のデッキはワイルド・ヴァルチャーで展開するまでにヒール・イーグルを2枚墓地に送ること、その後のワイルド・ヴァルチャーでの動きについて考えて組んでみました。

ヒール・イーグルドラグニティナイト‐ガジャルグを2回効果を使うことで墓地に送りながら、王神鳥ダークネス・シムルグをリクルートして次の展開の準備をします。
動き方について


初動が長いので動画で見ていただけたらと思います。


最終盤面はこんな感じです。
d.jpg
そこからワイルド・ヴァルチャーで
どう動くのか

d1.jpg
まず、カオスソルジャーシムルグ
ライゴウを作ります。

d3.jpg
王神鳥をリリースしてワイルド・ヴァルチャー
鳥獣族のアドバンス召喚に成功したので墓地からダークネスシムルグ

d4.jpg
ワイルド・ヴァルチャーヒール・イーグルを2体ss
この時RR‐ネストがあると墓地のワイルド・ヴァルチャーを回収できます。

6d.jpg
ヒール・イーグル×2とダークネスシムルグ
ラスティバルディッシュ
効果でラギットグローブを墓地に送って
幻影霧剣をセット。
グローブ霧剣を墓地に送ってレイダーズナイト
バルディッシュのリンク先に蘇生。
↓ ↓
バルディッシュの破壊後、ライゴウでもう1枚破壊。

という流れを考えました。

振り返り



今回、ワイルド・ヴァルチャーに焦点を当ててみましたがかなり構築力が求められる1枚だと感じました。
星3のRRを墓地に貯めながらワイルド・ヴァルチャー
盤面を作るのは難しいですね。

私もこのデッキが最善とは言い切れません。
もっと綺麗な展開や構築ができればと思いました。

今回のデッキも遊戯王ニューロンの方に
登録されております。
「カイ(仮」で検索したらでてきますので是非。
ご紹介したいお方


突然ですがとある方を紹介させてください。
ぴーまんさん(@crowingspear)
という長くワイルド・ヴァルチャーを
使い続けている方になります。
このデッキを組むうえでかなり参考にさせて
いただきましたので是非皆さんにも読んでもらいたいです。

最新作のワイルド・ヴァルチャー記事はこちらから↓↓
https://crowingspear.hatenablog.com/entry/2020/09/12/232756

次回予告



さて、次回はデッキ紹介になります。
今回もデッキ紹介みたいな内容だったけど




ゆるせ!(某スパイダーマ)



禁止制限に引っかからないかひやひやしながら
執筆をつづけます。(引っかかったら…うん)

それでは。

この記事へのコメント