【第4回ブロガーインタビュー】

記事を書くの1ヶ月ぶりじゃない?
サボってた訳じゃないんですよ、はい(汗
どうもカイ(仮でございます。

前回行われた「遊戯王紅白ブログ合戦」
みていただけたでしょうか?
個性溢れる記事が多く、皆様のお目にかかる
ものも多かったとおもいます。

内容はご自分でみていただくとして、先に結果を見てみましょう。
Screenshot_20210201-221530.png
自分、足引っ張ってしまった…。(本当に申し訳ない)

と、いうことで今日から怒涛の10日間連続投稿の方をさせていただきます!(やりたかっただけ)

ブロガーインタビュー



1日目は久々のブロガーインタビューになります。
3人目のG_ROW!さんでとまってましたもんね。

折角受けてくださった皆さんをこの10日間で一気にご紹介できればと思ってます。

さぁ、4人目にいきましょう!
今回の方をご紹介


PicsArt_01-31-09.38.55.jpg
≪神威紗鳥(さとっぴ)さん(@str_py)≫

関西を中心に活動されているブロガーさん。
彼のブログの切り口は誰もが驚愕と納得する。
作るデッキはとてもロジカルで相手だけでなく周りの決闘者をも圧倒する。
デュエル動画「バキューン決闘」にも参加する。

4人目はバキューン決闘にも出演されている神威紗鳥(さとっぴ)さん。
どのくらい切り口が鋭いかは以前の記事をご覧ください。

それでは、どうぞ。

ブログの中でのこだわり



ー太字 カイ(仮
ー細字 神威紗鳥(さとっぴ)さん

ーそれでは録音の方を始めさせていただきますね。
あ、最初の挨拶みたいなのってやってもいいですか?

ー?はい、大丈夫ですよ~。
「やぁ、神威紗鳥だ」っていうのをブログの記事の念頭に置くっていうのを去年1年心がけてて、これで開始してもらっていいですか?

ーいいですよ、今までの部分も載せますんで(笑)
まじすか(笑)恥ずかしいなぁ(笑)まぁ全然浸透してないから。後々メインにしていきたいですし。

遊戯王をはじめたきっかけ



ーさとっぴさんが遊戯王をはじめたきっかけを教えてください。
歴でいえば僕小学校のときからやってて、ちょうどその時GX全盛期だったんですよ。で、そこから小学校高学年に入るくらいの時に5D'sが始まって、友達とずっと遊んでた感じですね。

当時は小学生だったから、パックで当たったカードで遊ぶ、みたいな感じの遊びをしてて、中学に上がるタイミングで回りの友達が遊戯王を辞めたんですよ。カードゲームは子どもの遊びみたいなやつで。

そんなことがあって周りは辞めて、自分も辞めてた時もずっと動画をみてて、カードキングダムさんの動画とかみながらあーしてこーしてみたいな。

そこから中学校に入って、やる相手がいないからカードショップに行くわけですよ。そこでできた友達みたいな人達とずっとやってみたいな3年間でしたね。遊び方がいまとちがって、ショップの公認大会、非公認大会に出たりみたいな遊び方をしてました。

ーじゃあ最初はトーナメントプレイヤーだったんですか?
そうですそうです、CSとかにも出てましたし。
カジュアルプレイヤーに至るまで


ーそこからカジュアルプレイヤーに至るまでってなにがあったんですか?
中学の時、受験で1回ちょっと離れたんですよ、さすがに。
1年間くらい離れて、その受験の離れるタイミングとかに地元にあったショップが潰れて、高校に入って部活やってると土日に試合とか練習が入って大会に出る、みたいなことができなくなっていったんですよね、平日は学校があるし、みたいな。

でも、どんどん離れていった。でもカードだけは買ってたって感じです。シャドールが流行ったらシャドー…ごめんなさい、シャドールのパック買ってないわ(笑)

ーえっ、嘘つかれた?!(悪ノリ)
違った(笑)あっHEROや!
ダークロウとかが強い時期で、その時のカードちょこちょこ見たり、ちょっとマイナーなテーマ触ってみようかなって。でも実践する機会はないみたいな。

3年間ずっとそんな感じで過ごしてて、大学に入学したタイミングで、youtubeにサンダーさんミソさんとかが04環境っていうデッキの紹介をしてて、それを見て「強欲な壺」だとか「苦渋の選択」とか。

今は禁止カードだけどパワーの高いカードをデッキに入れて遊ぶ、っていう遊び方がリンク召喚とか知らなくても遊べるし値段もそんなにしないしってことで2個作って、ってところが復帰したタイミングですね。

当時の動画 ⇩ ⇩

サンダーさん面白いなぁって見てたらミソさんって人おるなぁって、でこの人のチャンネルの動画見るかって見たらメチャクチャハマって。

そこからミソデュエルの初期の動画から何回もリピートしてってことをしていたら04環境だけじゃ物足りない!ってなって自分でデッキを作るようになりましたね。だからミソさんの動画を見てなかったら僕何もしてないです。

バキューン決闘参入に至るまで



ーバキューン決闘に参入するまでにはなにがあったんですか
2018の秋ごろかな?その時のオフ会でセル男さんが、僕がデュエルしてたら「やりませんか」って言われて決闘したんですよ。その時のオフ会の印象がいいのか悪いんかよくわからないですけど、次にきくりくさんに声をかけてもらって決闘してみたいな。

そこからちょこちょこ遊ぶようになって、その1年後に動画に…あんまよくわかんないですけど「撮る?」みたいな。ノリで(笑)

ーノリで?(笑)
「撮りましょかw」みたいなかんじになって。
だから正式にメンバー参加しました!みたいなのはなくて気づいたらメンバーになってました。

お名前の由来



ーお名前が珍しいですよねどっちも。
〇〇%本名から来てますね。
ーそれは載せにくい(笑)
(笑)。元々「さとっぴ」で活動してて、漢字+漢字があった方がのちに何かあった時にいろいろやりやすいかなって?本名出してる感あった方が親しみやすいかなと思って徹底してるんですけど全然馴染んでない(笑)

ーまだ「さとっぴさん」のほうで馴染んでるというのが強いんですかね?
まぁこれから浸透していくのかな、うん(笑)

デッキ作成のこだわり



ーデッキを作るこだわりを教えてください。
一番念頭に置いているのは「オリジナリティを持ちながら勝つ」を大事にしてて、どっちが欠けてもダメだなって。オリジナリティが無くて強いのはもう「環境デッキ」みたいな感じだし、オリジナリティはあるけど、「勝てない」ってなんというか自己満足なのかなって。そういうのを念頭に置いて考えてます。

ブログをはじめたきっかけ



ーさとっぴさんが「ブログを始めたきっかけ」を教えてください。
オフ会行き始めたとき、自分のデッキを紹介する媒介みたいなのがなくて、当時は別に動画にするわけではないし、動画に参加してたわけでもなかったので、その時ブログってメジャーじゃないんですよ、ホント。

今はもうすごいじゃないですか。当時はそんなことなくてデッキ記事書いても3RTみたいな、当時の自分の影響力がなかったのもあるんですけど、それでも自分のアイデアみたいなのを形として残しておく媒体が記事かなって思って。

ー【The Last Valkyrie】のやつはすごく感動しましたね。
最近は、デッキ紹介の中にも色々思いみたいなのを乗せてみたいなことをしようと思ってるんです。

今、ブログを始めようか迷う君に



ー今、ブログを始めようか迷ってる人に一言お願いします。
ほんとに2、3年前はデュエル動画全盛期だった。今はそれが逆転とまではいかないけど、割と近いところまで来てると思うんですよ。だからデュエル動画の「投稿しました」よりも、デッキ記事の方が伸びてたりすることが多いんですよ。そういう意味でBLOG NAVIさんって本当に大きいと思いますし、アドカレや紅白ブログなど、始めるにはいいタイミングだなって思います。

あと今ってオフ会とかも開かれてないじゃないですか。前は「オフ会で使ったデッキです。」ってできてたけど今はそれができない。自分はデッキを組んだ。で、紹介する媒介がないときに役立つのかなって。
動画よりブログの利点


動画と違ってあまり視聴者を取り合わないというか、動画を見るってやっぱり2~30分かかるじゃないですか。でも、ブログはホンマに1分あれば読めると思うんですよ。短い時間で読みやすい、見てる人を取り合わないっていうところも始めやすいのかなって。

今デッキ紹介記事はじめたら、誰かの目にとまれば多分2~30RT、RTしてない人の中でも絶対見てる人もいるからブログの方が楽かなって。

次の方を指名



ー次にインタビューを受ける方を指名してください。
一応確認をとったんですよ、「指名していい?」って。急に来られるとびっくりするかなって。指名させてもらうと( 5人目 )です。

ーはっ!?( 5人目 )さん?!
普通に普段から仲良くさせてもらって、すごく影響力あるし、自分の親しい仲の人にあんまり書いてる人いなくて。ブログはじめたきっかけも( 5人目 )さんがnoteやってたからっていうのもあって。

ーわかりました。めっちゃ緊張する…
次の方をご紹介


知らない人が果たしているのか?
誰もが目指す遊戯王プレイヤー
実はずっとあこがれていました
デッキビルダー対談バトルー!

終わりに



ということで、今回の神威紗鳥(さとっぴ)さんでした。
遊戯王に、そしてブログに対してかなり熱い方でした。特にカジュアルデッキに関する考えに対してはかなり「自分」というものを持っているすごい方でした。是非ともデュエルしたい!!!

ということで次回をお楽しみに!


123.jpg

この記事へのコメント