【遊戯王】アトラクトライト【デッキ紹介】

自分だけの挨拶をそろそろ考えた方がいいかなって思い始めています。
どうもカイ(仮です。


今回はインタビュー記事ではなくデッキ紹介記事になっております。最近インタビュー記事ばかり書いているのもあって「インタビューの方ですよね?」と言っていただきました。ありがとうございます。今回はデッキビルダーとして書かせていただきます。


アトラクトライト



今回のデッキは「このカード使ったデッキ作って」
というのをリアルの友人に言われたこともあり
実際に練っていたのですが、一番の悩みはどうしても
似たようなデッキになってしまう…!


ということでしばらく目を逸らしてましたが
ようやく納得のいく形になりましたので
今回お披露目ということになります。
デッキ名の由来


今回のデッキ名「アトラクトライト」は
実際にYouTubeにあがっている*Lunaさんが
作曲された曲になります。

努力が報われず、何度挫折したとしても
たった一つ見つけた眩しい光に向かって
歩みを止めず進んでいく。


今回のデッキが完成に至るまでの背景、
昨年の就職試験勉強でこの曲に自分自身が支えられた
ところもあり、今回名前をお借りしました。

デッキレシピ



1618664879831.jpg
今回のデッキレシピです。
いつもよりデッキ枚数少ないです。普段50~60枚で組んでるのもあって感覚がマヒしてます。

今回のキーカード



今回使いたかったカードは
PicsArt_04-17-10.46.31.jpg
【シャイニング・アブソーブ】になります。
相手の光を利用して、自分のモンスターを強化するピーキーな1枚です。相手が勝ちを確信したときに打つこのカードはたまらなく気持ちいいです。
PicsArt_04-17-11.01.16.jpg
デッキをつなぐメインエンジン


このカードを形にするうえで重要になってくるのは「相手が光属性以外を使う場合、どのように相手フィールドに光属性を用意するか」ということになります。

そのため壊獣の採用など、最初もいいましたがどうしてもデッキが似かよてしまうんです。

その中で見つけた今回のデッキをつなぐキーカードは
PicsArt_04-17-11.06.47.jpg
【海造賊ー大航海】です。相手の属性を光属性に変更させながら展開し、【シャイニング・アブソーブ】を打ちやすくするこのデッキのメインエンジンになります。

デッキを回すときの課題3選



【海造賊ー大航海】を使うこともあり、海造賊をメインに展開するのですが、その中でいくつか課題となる点がありました。

まず第一に海造賊を使う上で縛りがかなりきつい所になります。効果を発動した後、【海造賊】しか特殊召喚できないモンスターがいるため自分の手札、相手の盤面との相談になります。

次に【シャイニング・アブソーブ】をどのようにして手札に加えるかです。発動条件を満たしていたとしてもこのカード自体のサーチが特に必要となります。

最後に【海造賊】のエクストラ体が効果を発動するには手札コストが必要になります。また、相手が地属性、風属性でのみ展開された場合、【海造賊】の強みを活かすことが出来ません。

展開に関する解決策



改めてレシピを見ながらどのようにして解決していくか見ていきましょう。
1618664879831.jpg
展開についての解決策として採用したのが【水鱗精】になります。
【水鱗精アビスディーネ】を核とした展開で【水鱗精サラキアビス】から墓地の【海造賊ーキャプテン黒髭】をつりあげ、【海造賊】展開に繋げることが出来ます。

1111.jpg

シャイニング・アブソーブを加えるには



次に【シャイニング・アブソーブ】を加える手段として採用したのは
PicsArt_04-18-10.10.07.jpg
【左腕の代償】です。
20210411_164409.jpg
僕の代わりにシャンクスに腕を献上してもろて(これはあかん)

手札をすべて除外しますが、光の力で勝利をもぎ取りましょう。
PicsArt_04-18-10.07.21.jpg

手札コストについて



手札コストを要求する点に関しては【サルベージ】【海造賊ー黒翼の水先人】の手札を回復するカード、また【海造賊】のキーカードである【海造賊ー拠点】の手札コストとして
PicsArt_04-18-10.23.42.jpg

PicsArt_04-18-10.23.59.jpg
【水鱗精アビスグンデ】【魔轟神マルコシア】を採用しました。

アビスグンデを切ることで【水鱗精サラキアビス】に繋げることが意識できます。マルコシアを切ることで【弑逆の魔轟神】をサーチして相手ターンに妨害を構えながら展開に繋げることが出来ます。

採用カードについて



ここからは採用したカードの細かな説明を。
極氷獣アイスバーグ・ナーワル


PicsArt_04-18-01.50.58.jpg
いや、誰やねん。
バトルフェイズに発動する魔法・罠を無効にできる優秀なカードです。
ワーナルは水鱗精と海造賊を絡めて使うときに使うカードになります。

【必要カード】海造賊ー拠点、水鱗精ーアビスグンデ 
      『墓地』水鱗精ーアビスディーネ
場面.jpg

場面2.jpg

場面3.jpg
ジャンク・コレクター


【ジャンク・コレクター】【アビスコール】をもう一度使うために採用したカードです。
PicsArt_04-18-01.50.22.jpg

PicsArt_04-18-01.50.03.jpg

大量展開のできるカードや【弑逆の魔轟神】をコピーして妨害もできるトリッキーなカードです。
【アビスコール】で出すカードは【揚陸群艦アンブロエール】
PicsArt_04-18-01.50.42.jpg
【No.11 ビッグアイ】でパクったりを目指します。

最後に



久々のデッキ紹介で思ったよりも時間がかかってしまったこと、申し訳ございません。
今後定期的にデッキ紹介記事も書いていきますので楽しんでいただければと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。



PicsArt_04-17-09.58.08.jpg

この記事へのコメント